ななぽん     
ななぽんは、H16.7.31
ひまわりが咲いている頃
虹の橋のたもとへ行ってしまいました
その日までのページを
そのままここに残しておきたいと思います

ななぽん、今頃どうしてる?
いつの日か、また会える日まで待っててね‥



ねねぽんが8月6日の日記で「ななぽん」のことについて書いていました。
ぽん家で「ななぽん」がどんな存在だったのか、とってもよくわかる日記でした。
私が何か書くよりも、ななぽんにこの日記の言葉を贈るのが一番いいような気がしました。
ななぽん、ありがとう。


ななぽん

ななぽんが虹の橋を渡り、早5日が経ちました。
ちょうど夏休みに突入してから急にななぽんの具合が悪化し、
毎日ずっとななぽんの側にいてあげることができました。

思えば3ヶ月前、ななぽんのお腹の腫瘍を見つけ
少し大きくなっていることに気付いたのは私でした。
それからたった3ヶ月‥
私は正直、もう少し一緒にいられると思っていました。
ななぽん早すぎるよ‥と思いました。
でも、今は違います。
ななぽんは充分私達の側でいろんな時支えてくれました。
いっぱい大切なことを教えてくれました。
感謝してもしきれないくらいです。

ななぽんが我家に来たのは約12年前‥
私が小学校1年生の終わりのころでした。
ちっちゃくてコロコロしていて私にとってはぬいぐるみのようでした。
それから少しずつ経ち、いつのまにか私にとってななぽんは
ぬいぐるみから妹のような存在へと変わっていきました。
そしてそのうちななぽんは私にとって妹から姉のような存在になりました。
振り返ってみると本当に一緒に大きくなったというかんじで
私の今までの人生にななぽんは側にいてあたりまえでした。

今でもななぽんはそのうち帰ってくるような気がして、
またいままでと同じ毎日が過ごせるような気がしてなりません。
かなぽんと同じでついももたろうに『ななぽん』と声をかけてしまったり、
いつもいた場所に目を向けてしまったりします。
それだけななぽんといた時間が長くて大切なものだったのだと改めて実感します。

ななぽんは虹の橋を渡り、
もうななぽんに触れたり遊んだりすることはできないけれど
ななぽんのことだから今もお空で私達のことを見守ってくれていると思います!
ななぽん、お空で大好きなバターロールやミルキーガム食べているかな?
いつの日か会えるのを楽しみにしているからね!

今までななぽんのことをご心配してくださった皆さん、
本当にありがとうございました。
ななぽんはとっても幸せですね☆